2015年05月

日々、気づき、学ぶ…

いやぁ〜

本当に毎日、学びです。
気づきを得て、進化へ…
ありがたい、声。

これからも、繋がって行こう!


そう、幸いにして私には
自由に使える両手がある。


その両手を使って


手を繋ごう!!


ありがたい。




天然物

懐かしいなぁ〜。

パックマンを今日は楽しみました!




しかも!!




親子です。





たぶん…   f^_^;)







癒やし、癒やし。


一服しましっしょい。


一服のしかたって、

色々ありますよねぇ〜

こころにゆとりが生まれます。


沢山、方法を知りたい。


それが、ソーシャルワーク。

自らを戒める。

人生をどう
受け止めているのか、

姿勢を見れば
わかります。

姿勢を見れば
その人の生き方まで、
わかってしまうことも
あるのですよ。

それに、よくない姿勢が、
生き方にまで
影響することもある。

うつむいてはいけません。
ちゃんと前を向いて
歩くのですよ。

まず、
誠実であること。

弱音など決して吐かず、
常に明るく
前向きであること。

失敗を
糧とすること。

いつ、どんなときでも
礼儀礼節をわきまえること。

信念に背くようなことについては、
決然と相対すること。

武道や華道、茶道などは、
はじめに型から
教えられますが、

武士道でも
その精神に添った行いを、
まず体に覚え込ませるのです。

これは、いわば
器をつくるようなもので、

器がきちんと用意されれば、
やがてそれにふさわしい
精神が宿りはじめます。

正しい姿勢は
正しい位置に内蔵を保ち、

全身の筋肉を
まんべんなく使うと同時に、

もっとも
疲れにくいといいます。

健やかな肉体と
精神を育むために、

正しい姿勢は
土台になるのです。

颯爽(さっそう)と歩く人は、
本当に気分がいい。

常に美しい姿勢と、
立ち居振る舞いを
心がけていると、

自然と精神に
張りが出てくる。

いつもよい
お顔でおりなさい。

そうすれば
よいことがありますよ。

本当に本当に
美しく見える人は、

心がものすごく
綺麗な人。

言葉は心のあり方を
左右することがある。

悪い言葉を使うのに
慣れていないとき、

うっかり使ってしまえば、
心のどこかで
嫌な感じを抱くもの。

でも、それでも使っていると、
そのうちに
何にも感じなくなる。

気づいたときには、
別人みたいに
なることもあるんだよ。

いい心映えでいようと思ったら、
言葉遣いにも
ほどほど気をつけないとね。

人はおのれの
鏡というだろう。

人様に悪口をいうというのは、
おのれに向かって
言っているのも同然。

それは心を穢(けが)す
ことなんですよ。

そのときの気分に
従うのではなく、
正しいことに従いなさい。

筋の通った
意見のひとつも言えず、

打開策も提案できない
などというようでは、
世の中に出てから苦労します。

そして「はい」しか言えない、
自分の考えを持たないような者は、
世の中の役には立てません。

己をしっかりと持つことは、
おいそれと
できるもんじゃありません。

こんなこと、と思うような、
ちっぽけな事だったとしても、

自分の考えや
判断を持つこと。

その積み重ねを
忍耐強くしていけば、

やがて心の中に
己が立ち上がってきます。

「やっぱり」という言葉で、
前言撤回するのは、
優柔不断な人間のすること。

老婦人道

院長先生と事務長と別れ、足速に立体駐車場に向かった。


エレベーターに乗り、7階を押す。


3階に止まり、エレベーターの扉が開くと、



老婦人が軽く会釈。





いやぁ〜




気分がいい。





私も会釈を返すが、

老婦人、すぐ様回れ右。

閉まるボタンを押しながら、

5階ボタンを押す。


その間


1.3秒(感覚で)


5階に止まり、扉が開く前から



閉まるボタンを押す老婦人。



背後の私を待たすまい!




と、





義の志し!!



これぞ、「人道」だと思った。




些細な出来事の中で、




ほんの少しだけ、



相手を思いやる「こころ」を表す。




それが、笑顔の連鎖になる。




ありがたい事だ!




私は、そんな優しさに触れる事が出来た。




今日のどんよりした曇り空を


一掃してくれた感がおおいにあった!







しかし、老婦人は…






開く前に閉まるを押す。



押し続ける…






開いたのに押し続ける…








開いてからの一歩の踏み出しが遅く。







閉まるを押され続けた









エレベーターは!!







あっという間に!







閉じてゆく…







老婦人…










嗚呼…












うっっ!












挟まれた    _| ̄|○





何事も無かったように、






去って行った…








私は、再び







エレベーターが閉まるまで








老婦人の






ピッンとした背中を追った…







あれから数時間…








今もなお





私のこころは






笑顔で満ち満ちている。

Kこころのケアクリニックへ

今日は、いつも色々とお世話になっている、兵庫県川西市にあるKこころのケアクリニックへ行って来ました。

ゴールデンウィーク明けだったからか、多くの患者さんがお越しでした。

そんな忙しい中でも、院長先生や事務長、受付の方々が笑顔でご挨拶やご対応してくれました。

本当にいつもながら、ありがたく感激します。

その姿勢が多くの患者さん達を招いているんだろうなぁと実感します。

診療が終わり、お時間を頂いてわが社の事業所開設の話や学生見学、実習生受け入れ等快諾下さり、重ね重ね感謝に絶えません。

このクリニックの発展とスタッフの方々の幸福をこころから願い、1人の起業家とて、ソーシャルワーカーとして

願いにプラス!

アクションで一助を担いたいと思っています。


ありがたいです!

あまりにも明快なので…

ごめんなさいm(_ _)m

使わせてもらいます。


きちんと一本の筋が
通っていさえすれば、

進み方などは
その者が決めればよいこと。

走りたい者は走り、
歩きたい者は
歩けばいいのです。

人の進み方をまねて
何になりますか。

自分は自分であることを
忘れてはなりません。

人生は
選択の連続でもあります。

ときにはどちらを、
あるいは
何を選んだらいいのか、

何が正しくて
何が間違っているのか、

わからなくなって
しまうときがあります。

そんなとき、
経験豊かな目上の人に相談し、

判断をあおぐことは、
ひとつの賢い手段です。

けれど、そのような場合にも、
最終的な結論は
必ず自分で決めなさい。

迷ううちは、
おのれの心に何度も何度も
問いかければいいのです。

心は入れ子のようなもの、
何度も開いていかねば、
奥底まではなかなか
届かないものですよ。

けれど奥底にこそ、
本心があるのだから、

務めて冷静に、落ち着いて、
あきらめずに
問いかけてごらんなさい。

そして考えた末に
選択したからには、

どんなことになっても
対処する気概を持つのです。

知れば知るほど、
まだまだ自分は
知らないことだらけ、
ということを知るばかり。

学べば学ぶほど、
いかに自分が学ぶべき
ことが多いかを学ぶもの。

高みに立てば、
いかに自分が
ちっぽけかわかるように、

なすべきことは途方もなく、
あることがわかってきますよ。

一生涯、自分は至らぬ者と思い、
その道に至るよう
歩み続けていけばいいのです。

出来ていないことを
失望しても、
しょうがないわけです。

一生涯、続けて
いくことなのですから、

ときに横道に
それてしまったとしても、

また戻ってくれば
いいのでしょう。

あきらめさえ
しなければいいのです。

わかっているのに
先延ばしにするのは、

明日も当たり前に
命があると思い込んでいる、
愚か者の振る舞いなのですよ。

人はいつか死ぬものだけど、
それがいつであるかは
誰もわかりません。

今日、交通事故で
命を落とした人は、

昨日、自分が
明日死ぬなどとは、
思っていなかったろうね。

それどころか、
明後日からこうしよう、

来週からは
あんなふうにしよう、

などと考えていたに
ちがいないよ。

命を失っては、
もはや来週もなにもありはせぬ。

だから、いつ、
どんなときでも、
明日の命はない
と思いなされ。

そして先延ばしに
することはなく、
今日出来る限りのことを
するのですよ。

たとえ明日、
命を失っても、
後悔せぬようにね。

いざというときに
度胸が試されるもの。

そのために、
普段は心穏やかに、

波風ひとつたっていない
湖面のように、
しておいでなさい。

そうすれば
物事がよく見えてくる。

良く見えるということは、
いざここだ、というときに

度胸をすえて素早く行動できる
ということなのですよ。

清水の舞台から
飛び降りるというけれど、

何か事を起こすには、
それぐらいの覚悟が
いるものではないのかね。

おおかたはこの覚悟が
足りないばっかりに、

せっかくの大きな事を
成しえずにいるようですよ。

はったりでもいいから、
時には自分を
大きく見せてごらんな。

外側を大きくしてから、
内側をその器にふさわしく
肥え太らせるやり方も、
あるのですよ。

人生には時々、
一段も二段も
飛ばして上に登らねば、
ならぬときがあるものです。

そりゃ相当の
がんばりが必要ですよ。

自分が持っている力以上を、
発揮せねばならないのだから。

けれど臆することはない、
よくおぼえておおき。
覚悟ひとつです。

大きな岩にも匹敵するような、
動かぬ覚悟があれば、
成しえぬことはないものだよ。

女子の武士道より

パニーニ

昨日、今日と鳥取県へ出張した。

私の知り合いの会社だ。

株式会社プレマスペース
手作り焼きたてパン
パニーニ

と言う。

なんともまぁ〜
見て驚いた…

造りは立派。

内装も素敵。

働く人もかっこいい。

活き活き!

そして…

足湯があった!!

わが社もお客様をもてなすアイテムとして、足湯を造る。

足湯が好きなので足湯には敏感!

ちくしょー!

早く、プロデュースしてお店がしたい。


ここまで紆余曲折あり、辛く苦しい事もあったけど、前を向いて信念を持ってやり遂げ、今がある!


伝わったなぁ〜


ありがとうございます。


貴重な時間を頂いて…


勝負じゃないけど、負けられないなぁ〜

と刺激と気づきを頂いた。

伺ったのは、10時から11時30分頃まで。


撮るのが下手なので伝わりにくいけど、

常に満員だった。

それも凄い!!

飽きられないような仕掛け。

楽しんでもらえる仕掛け。

美味しかったぁ〜

楽しかったぁ〜


勝手な持論だが、

小さくってもいい。

大きいのも勿論いい。

事を起こさないと

人生

もったいない。

みんな、一回しかないからねぇ〜


人生は…




わが社は、7月1日事業所オープン!

福祉事業所です。

障害のある方々の就労支援。
就労支援移行支援事業と言います。

また、

障害のある方々の生活力向上の支援。
生活訓練事業といいます。

力を合わせて良いものを創ろうと思う。



おっと!!


パニーニは、

就労支援の福祉事業所です。

しかし!

福祉事業所としてでなくても、

充分、商売が成り立っている。

福祉の世界が長い私としては、


この事実はかなり凄い!


むむむっ!


今日は、いつも以上に取り止めがない。


時代の先を見て、毎日を生きる。


この凄さは、またの機会に

まとめてみたい。





昨日、今日の機会に巡り会えた、


あの時の


ほんの


些細な



出来事から



縁を



互いに



紡いだ



心遣い、気遣いに



心から



感謝したい。





む、む、む?

先日、奈良県のある町役場へ計画相談の申請書提出に行った。

滞りなく事を済ませ、帰路につく途中
たいそう狭い道を通らなければならない所に差し掛かった。

距離にしておよそ、

300メートルだろうか…

徐行より幾分か早いスピードで

通り抜けようと進み、

さぁ〜あと少し!

対向車がやって来た。

互いに止まり、どうしようか?


と、


思った瞬間!


向こうのドライバーが、

下がれと合図!!


むっ!!!!


なんやねん!!



距離的状況説明。


こちら、ゴールまで距離約30メートル。


あちら、ゴールまで距離約270メートル。


そっちが下がれよぉ〜!!


と、


むっ!!!!

とした。


仕方なく、ほぼ狭い道のスタート位置まで戻る…


すれ違いざまに、


ドライバーの顔を見ると、


おっちゃん、てんぱり中。


奥様?


車を降りて、ごめんなさいと礼。



ナンバーが目に入り見ると、



練馬。


あぁ〜




私は、


まだまだだだだ…


と反省。



むっ!!!!







思う前に、




むっ!!!!







思った後でも、





む、む、む?







たった3つ


むを口にするだけで、



ちゃんと見て


考えて


余裕を持てて



優しくなれたのになぁ〜



修行が足りん!!



と思った次第f^_^;



む、む、むの日々を少しでも



増やそう!




今より



人生が、




楽しくなるはず!





プロフィール

psw20140509